サイトメニュー

リスクを限りなくなくす

注射

自分ができる事を知る

ボトックス治療は2009年に厚生労働省から安全性を認めてから、全国各地の美容クリニックで希望者が増えています。薬について薬事法により厳しく定められており、日本は世界の中で特に薬について厳しい国です。その厳しい厚生労働省が認めているので安全性は間違いないと言えます。ただし副作用もなく安全な薬剤と認められているのは、アメリカのアラガン社製ボツリヌストキシンのみです。アラガン社製ボツリヌストキシンは美容医療に転用される前から医療現場で顔面麻痺などの治療薬として使用されていました。その実績や臨床データの豊富さから、美容医療に転用されてからも世界70ヵ国以上で安全な薬剤として認可されています。特許期間が切れているのでジェネリックも登場していますが、このジェネリックは種類によっては副作用の報告があります。中国や韓国の製薬会社製の副作用の報告があり、正規品に関する副作用は一切ありません。その信頼性からリスクを回避する為には正規品の使用が推奨されています。副作用については何も薬剤だけではありません。ボトックスは注射する治療方法ですが、人体の筋肉は非常に繊細で、複数の筋肉が作用し合っています。顔の表情筋だけでも30程ありますので、注射する部位を誤ると思った効果が得られない事も起こります。また注入量が多いと脱力したり、逆に少ないと効果がなかったりと、簡単な施術方法に見えて実に緻密な計算と医師の腕が必要な治療です。リスクを限りなく回避するには、薬剤は正規品を選択し、実績のある信頼できる医師から施術してもらう事です。ボトックス治療に使用される正規品ボツリヌストキシン自体に副作用はありません。しかし医師の注入量間違いや注入部位誤りによる事故は世界中で報告されています。注射だけの治療なのでどこでも同じと考えず、信頼できるクリニックを選択する事がリスク回避や希望を叶える為には大切な事です。そのクリニックを選ぶ際に注目しておくべき3つのポイントがあります。1つは医師の経歴です。口コミだけに捉われず、美容医療業界でボトックス治療の実績や経験がどの程あるかを確認しておく事が大切です。ボトックス治療では状態や希望、注入場所から綿密な計算が必要です。これを判断できるのは十分な経験を積んでいないとできません。ホームページの在籍医師紹介で経歴を確認できるので、必ずチェックするべき事項です2つ目はクリニックのボトックス治療に対する姿勢です。美容クリニックはこの治療以外にも様々な美容医療を提供しています。しっかり力を入れていたり、品質管理をどの様にしているかを確認しておく事は大切です。ホームページの治療例を掲載しているクリニックである事や、薬剤の管理についてしっかり説明しているクリニックが信頼できると言えます。3つ目は実際にカウンセリングを受けた際に、自分の悩みに真摯に向き合ってくれてしっかり治療効果や副作用について説明を行ってくれるかどうかです。これは調べたりするのではなく実際に医師と面談して感じる部分なのです。これは重要な事であり、美容クリニックは悩みを改善してくれる機関です。その為悩みを打ち明けられる医師である事や、自分の考えを押し付けない医師である事は、希望を叶える為には大切な事です。